FXの税金を節税する方法|FXでの税金対策

FXでの税金対策

FXで稼ぐのは、そう簡単なことではありません。
頑張って稼いだものだからこそ、税金としてがっぽりと取られるのは悲しいもの。

少しでも税金の金額を抑えたい…そんな節税対策としてポピュラーとなっているのが、必要経費として落とすことです。
人は毎日の生活のなかで何かしら消費します。
それにかかった金額を経費として申告しようということなのです。

例えば、FXを勉強するためにセミナーに参加した。
そのためにタクシーを使って、お昼も外で食べた。
本もいくつか購入した。

専用に借りてる部屋があれば、その家賃も。
FX取引専用のパソコンとインターネット回線の使用料・・なんてものが、経費にできるのです。

ただ、自己申告なだけにFXに関連した費用である、その根拠を明確に示せなければいけません。
また、領収書は確定申告が終わったからといって捨ててしまうのはダメ。
税務署は数年後に来ることもありますから、捨てないで保管しておくようにします

税金がかかるものというのは、純粋な収入金額に対してです。
つまりは収入から経費を引いた金額。
ですから、なるべく多く経費として申告するのが節税対策となるのです。

そして、もう一つの大きな節税は、きちんと納税することです。
脱税すると、かなりの金額の税金がもっていかれます。
当たり前のことですが、きちんと申告して税金を収めるのが、それ以上の税金を生み出さない節税になるのです。